つわり 軽減

つわりは甘えではありません

妊娠に気がついたころから現われるつわり。

 

体がだるく気持ちが悪くてほとんど何もできずに寝込んでしまうこともあります。

 

しかし理解のない旦那さんや、姑さんから妊娠したからといって甘えるんじゃない、
つわりくらいで寝込むななどといわれてしまう妊婦さんも多いのですよ。

 

妊娠は確かに病気ではありませんが、体はいつもの状態とは違います。
目まぐるしく体調は変化していくので体がついていくのは大変なのです。

 

つわりのきつさは個人差があり、全く感じない人と動けなくなったり何も食べられなくなったりで
入院してしまう人もいるほどなのです。

 

それほどつらいつわりを理解してもらえないのはとても辛いことですね。

 

しかしつわりは辛いといっても安定期に入るころには楽になってくるものです。

 

一時のことなのであまり悲観せずに妊娠初期を過ごしていくことが大切です。

 

つわりがない方でも、できるだけ安静にする時間を作り体を妊娠に慣らしていくことが大切です。

 

あまりにも食事がとれないので、お腹の赤ちゃんに何か影響はないのだろうかと
心配になると思いますが、お腹の赤ちゃんはお母さんからちゃんと栄養を受けて
育っているのでつわりで体重が落ちてしまってもあまり心配しなくてもいいのですよ。

軽減するならどんな方法がおススメ?

つわりの症状で食欲がない場合があると思います。

 

そういう時はさっぱりしたものを好む傾向にあります。
冷たく食感がつるりとしたものは食べやすいという報告もありますので
そうめんやうどんなどを冷たくして食べるのもお勧めです。

 

また、冷やしトマトなどは酸味もあるのでさっぱりすると
つわり中の女性が多く好む食べ物でもあります。

 

つわりの時は空腹時が一番強いといわれていますので朝起きた時に
すぐに何かを口に入れられるようにベッドのわきにビスケットやクッキーなどを
置いておくのもお勧めです。

 

また、これなら食べられるというものが個人個人で違ってくるので
つわり中でも食べられる物をみつけてください。

 

また妊娠初期はつわりの影響もあり、とても眠くなります。
体を休められるときは横になって寝てしまうのも一つの手段です。

 

妊娠初期は特に薬などを飲むことはお勧めできないのでつわり対策をしっかり取ることが
とても大切なのです。

 

体を楽にするためにできることはなんでもしましょう。
つまりの時にはベルタ葉酸サプリで栄養補給もおすすめです。

 

注意が必要なのは水分補給もできないほどの重度のつわりです。
すぐに病院に行きましょう。

 

脱水症状を引き起こすと脳症の発症リスクが高くなってしまいますので
重度のつわりの場合は治療が必要になってきます。